×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

亜鉛メッキ,ニッケル,クロム,金属,加工,記号,方法等-JIS用語

 

機能めっき/複合めっき/合金めっき



電気めっき及び関連処理用語において、”d) めっき処理”に分類されている用語のうち、『機能めっき』、『複合めっき』、『合金めっき』のJIS規格における定義その他について。

亜鉛メッキ、ニッケルメッキ、クロムメッキ、クロメート処理等、金属材料のメッキ加工(めっき加工)などに関する主な用語として、電気めっき及び関連処理用語(JIS H 0400)において、”d) めっき処理”に分類されている電気メッキ関連処理用語には、以下の、『機能めっき』、『複合めっき』、『合金めっき』などの用語が定義されています。

電気めっき及び関連処理用語(JIS H 0400)
⇒【 d) めっき処理 】


分類: 電気めっき及び関連処理用語 > d) めっき処理

番号: 4004

用語: 機能めっき

定義:
めっき皮膜そのものの特性を利用するために行うめっき。

対応英語(参考):
plating for functional use


分類: 電気めっき及び関連処理用語 > d) めっき処理

番号: 4005

用語: 複合めっき

定義:
繊維状、粒子状などの分散相をもつ複合材料の電気めっき。

対応英語(参考):
composite coatings,
composite plating


分類: 電気めっき及び関連処理用語 > d) めっき処理

番号: 4006

用語: 合金めっき(※1)

定義:
2種類又はそれ以上の金属及び金属と非金属の合金の電気めっき。

対応英語(参考):
alloy platings,
electroplated coatings of alloy


(※1)
JIS規格で規定されている合金メッキには、主に以下などがあります。

JIS G 3317
溶融亜鉛−5%アルミニウム合金めっき鋼板及び鋼帯

JIS G 3318
塗装溶融亜鉛−5%アルミニウム合金めっき鋼板及び鋼帯

JIS G 3321
溶融55%アルミニウム−亜鉛合金めっき鋼板及び鋼帯

JIS G 3322
塗装溶融55%アルミニウム−亜鉛合金めっき鋼板及び鋼帯

JIS H 8620
工業用金及び金合金めっき

JIS H 8622
装飾用金及び金合金めっき

JIS H 8624
電気すず−鉛合金めっき